2-1 osCommerceのインストール方法

  1. インストール方法

FTPでファイルをアップロードする最も一般的なインストール方法です。
インストールスクリプトが用意されているので始めての方でもそれほど苦無くインストールできます。
DesignloadのテンプレートでもデフォルトのosCommerceでもインストール手順は同じです。



インストール手順


1. ファイルをダウンロードしてきます
デフォルトデザインのものでもデザイン済みのものでもまずはインストールするファイルをダウンロードします。
ビットスコープ社のウェブサイトから「osCommerce 2.2 MS1 日本語版」をダウンロードしてください。

Designloadのテンプレートをご利用の場合はDesignload.jpから直接お買い上げください。
※ホスティングをご契約いただいたお客様にはテンプレートを1つ無料で提供しております。
  必要な場合はサポートよりお問合せください。

2. ダウンロードしてきたファイルを解凍後アップロードします
ファイルは圧縮されていますので解凍してからサーバへアップロードを行います。
[ catalog ]ディレクトリ 及び [ admin ]ディレクトリのみアップロードすれば大丈夫です。
※ファイルの解凍方法およびFTPソフトの使用方法は書籍やウェブサイトを参照してください。

3. パーミッションの変更を行います
アップロードが完了したら次にパーミッション(アクセス権)の変更を行います。
変更を行うのは下記2ファイルとなります。

  ・catalog/includes/configure.php
  ・admin/includes/configure.php

パーミッションの値は[ 666 ]に設定してください
このパーミッションの変更を行わないと正常にインストールが終了しません。

4. インストールを開始します
パーミッションの変更が終わったらインストール前の準備は完了です。
http://[ ドメイン名 ] / [ oscommerceをインストールするフォルダ ] / catalog/install/ にアクセスします。
トップディレクトリにアップロードした場合は[ oscommerceをインストールするフォルダ ]の部分は省略可能です。
インストール手順を図付で説明します

STEP1
http://[ ドメイン名 ] / [ oscommerceをインストールするフォルダ ] / catalog/install/ にアクセスすると下記画面が表示されます。
通常はNew Installのボタンをクリックしてください。



STEP2
次の画面でインストールに必要な情報の入力を行います。


STEP3
STEP2で入力した値が正しい場合下記画面が表示されます

通常インストール-STEP3

STEP4
STEP4でSQLファイルを使用してデータベースにosCommerce用の設定データとサンプルデータがインサートされます。
STEP3の最後にあるSQLファイルへのパスが違うとエラーを吐いてインサートされません
成功した場合下記の画面が表示されます。

通常インストール-STEP4


そのまま[Continue]のボタンを押して次に進んでください。

STEP5
STEP5に行く前にパーミッションを変更したかを再確認してください 。
STEP5でSTEP2で記入した設定がファイルに書き込まれます。

最終確認画面が表示されますので最終チェックを行ってください。
OKなら[Contenue]ボタンを押してください。
成功すると以下のような画面が出てきます

通常インストール-STEP5


[Catalog]ボタンはカタログ側の画面へ、[administration Tool] ボタンは管理側の画面へリンクされています。
正常にインストールが完了したかどうか確認してみましょう。

※まだもう少し作業が残っていますがおおむねインストール作業は完了です。
  正常にインストールが完了したら次のステップへ進んでください。

※この時点では上部にエラーが表示されます。
  これは正常な動作なので安心してください。

5. パーミッションの設定をします

インストールが完了したら使用できる状態にosCommerceをセットアップします。
とはいっても、パーミッションの変更を行うだけですのでそれほど難しくありません。
順番に作業を進めていきましょう

使用するのはFTPです。
先ほどアップロードしたフォルダ内に[catalog]と[admin]ディレクトリがあると思うのでそこからパスを書いていきます。

カタログ画面(catalog/)側

  ・ catalog/images/ディレクトリを パーミッション[ 777 ]へ
  ・ catalog/images/banners/ディレクトリを パーミッション[ 777 ]へ
  ・ catalog/includes/configure.phpを パーミッション[ 644 ]へ
  ・ catalog/install/ディレクトリを 削除
-----------------------------------------------------
※ 管理画面から言語ファイルを変更したい場合のみ変更
-----------------------------------------------------
  ・ catalog/includes/languages/japanese.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/english.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/german.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/espanol.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/japanese/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/english/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/german/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ catalog/includes/languages/espanol/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ



管理画面(admin/) 側

  ・ admin/images/ディレクトリを パーミッション[ 777 ]へ
  ・ admin/images/graphs/ディレクトリを パーミッション[ 777 ]へ
  ・ admin/images/graphs/ディレクトリの中のファイルをすべて パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/configure.phpを パーミッション[ 644 ]へ
 -----------------------------------------------------
※ 管理画面から言語ファイルを変更したい場合のみ変更
-----------------------------------------------------
  ・ admin/includes/languages/japanese.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/english.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/german.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/espanol.phpを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/japanese/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/english/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/german/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ
  ・ admin/includes/languages/espanol/フォルダの[ .php ]で終わるファイルすべてを パーミッション[ 666 ]へ

以上でインストール作業はすべておしまいです。

この後の設定はダウンロードファイルに同封された「ショップ運営マニュアル」を参考に行ってください。

  1. サポートドキュメント・サポートサイト

oscommerce.com -> oscommerce本家サイト
tep-j -> SourceForgeのプロジェクトサイト、日本語版OSCの本家
bitscope -> 日本語版OSCのドキュメントを公開