2-3 XOOPSのインストール方法

  1. インストールの前に

XOOPSはPHPを用いたコミュニティサイト構築スクリプトです。
簡単に素早く会員登録制のコミュニティサイトが構築できます。
日本語のコミュニティサイトもありますので一度みてみることをおすすめします。

それと、XOOPSではMySQLを使用しますのでcPanelからMySQLデータベースを作成してください。

  1. パッケージファイルのダウンロード

公式サイトからパッケージをダウンロードしてください。
日本語コミュニティサイトからダウンロードできるファイルは日本語版になります。
コアパッケージ(日本語版)と書いてあるものをダウンロードしてください。
zip形式|tar.gz形式 の二種類があると思いますがどちらをダウンロードしても内容は同じです。

ダウンロードしたファイルはバージョンによって名前が違いますが今回は「xoops-2.0.7.3-ja-eucjp.zip」でのインストールを行います。

  1. ダウンロードファイルの解凍およびファイルのアップロード

まずはダウンロードした「xoops-2.0.7.3-ja-eucjp.zip」を解凍してください。
解凍すると以下の3つのフォルダが出てくると思います。
[docs] [extras] [html]

この3つのフォルダのうち[html]フォルダの中身をサーバにアップロードします。
1000個以上のファイルがありますのでかなり時間が掛かります。

今回は「/public_html/XOOPS/」というフォルダ以下にインストールを行います。

  1. インストール

インストールの前にパーミッション(アクセス権限)の設定を行います。
以下のように設定してください

777 - uploads/
777 - cache/
777 - templates_c/
666 - mainfile.php

上記作業が終了したらインストール作業を開始します。
http://www.[ドメイン名]/XOOPS/install/index.php にアクセスしてください。
基本的に手順に従っていけばインストールできます。

http://www.[ドメイン名]/XOOPS/install/index.php にアクセスすると以下のような画面が出てくると思います。


インストール作業に使用する言語を「japanese」にして[次へ]ボタンを押します。



次のページではXOOPSのインストール要件や前もって準備しておくことなどが記述されています。
内容をよく読んで読み終わったら[次へ]ボタンを押します。

すると、以下のようにファイルのアクセス権のチェックが行われます。
アクセス権がしっかり設定してあれば下記のような表示になります。


上記のような表示にならなかった場合はアクセス権の設定を再度行ってください。
アクセス権の設定が終わって上記画像のような画面が表示されたら[次へ]ボタンを押します。

次のページではインストールするデータベースの情報を入力します。
データベースは先に作ってあるものを入力してください。



上から順番に説明していきます

データベースサーバ MySQLが選択済みです。
特に変更する必要はありません。
データベースサーバのホスト名 特に変更していないのであれば「localhost」と入力してください。
データベースユーザー名 データベースに接続可能なユーザー名を入力します
データベースパスワード 上記データベースユーザーに対するパスワードを入力します
データベース名 XOOPSをインストールするデータベース名を入力します。
テーブル接頭語 特に変更する必要はありません
データベースへ持続的接続 通常は「いいえ」を選択してください
XOOPSへのパス /homeからのパスがあっているか確認してください。
BWHのパスは「/home/ユーザー名/」以下がお客様ディレクトリになります。
WEB公開用ディレクトは「public_html」以下となります。
XOOPSへのURL XOOPSが設置されるURLをご確認ください。

入力が終了すると確認画面が表示されますので書いた内容を確認してください
内容に間違いがない場合は[次へ]ボタンを押してください。

その後、確認→設定がくりかえされますので画面の指示通り行ってください。
エラーがある場合はエラー箇所を修正後再度インストール作業を行ってください。

これでインストール作業は完了になります。
続いて初期設定を行います。

  1. 初期設定

インストールを進めていくと以下のような画面が表示されます



XOOPSを管理するユーザー(サイト管理者)を登録します。
ここで設定した値でXOOPSを更新したり管理したりするので絶対に忘れないようメモをとっておいてください。

以上で初期設定は完了です。
下のような画面が出ればすべての設定が完了しています。
早速XOOPSで楽しいコミュニティサイトを構築しましょう!

  1. サポートドキュメント・サポートサイト

XOOPS日本公式サイト -> XOOPSの日本語版公式サイト